認知症の早期発見で、あなたと家族の未来が変わる
あたまの健康チェックはじまりました
2016.1.27 あたまの健康チェック 1月29日(金)、30日(土) 日本総合健診医学会第44回大会にてブース出展致します
2015.12.18 日経MJにあたまの健康チェックに関する記事が掲載されました

認知症の早期発見について
単なる物忘れだと思っていても、それは微細な認知機能の低下状態であるかもしれません。私たちの認知機能は様々な原因で低下することがあるとされています。認知機能低下のリスク要因を把握し、管理することが求められています。微細な認知機能の低下の段階で早期発見が出来れば、予防・治療効果や万一、認知症の前駆状態であっても発症の遅延効果が高いとされています。
あたまの健康チェックは、認知機能を客観的に評価し、これまで難しいとされていた微細な認知機能低下を高精度で察知する簡易評価ツールです。


軽度認知障害とは

軽度認知障害(MCI)は、年齢や学習年数だけでは説明しきれない認知機能低下が認められますが、日常生活には支障が無い状態とされています。


あたまの健康チェック受検の流れ

10分の対話式のテストです。10の単語を記憶し、思い出すという内容のテストで、チェック結果はレポートとして出力されます。



MCIの制度97.3%の確率

認知度チェックテスト97.3%MCI早期発見 膨大な被検データより人口統計学的に評価を行うことにより微細な認知機能の変化を高精度で客観評価します。 米国の基準においてはハイリスク状態(MCI)を97.3%の正確性で判別評価することが報告されています。


ポスター・パンフレット・しおり

あたまの健康チェックのパンフレット・しおりはこちらよりダウンロードできます。
■パンフレット

■認知機能低下についてのしおり

■ポスター



あたまの健康チェック(MCIスクリーン)は認知機能の一般的な評価を提供することを目的とします。
認知機能に関与し得る病状または病気を診断する、あるいは、治療することを目的としたツールではありません。